音楽で英語脳を鍛える教材『英語の頭に変わる本』で英語の周波数に慣れる

この記事は2分で読めます

 

 
「英語の頭に変わる本」はCD付きのオーディオブックで
脳科学の観点から
感覚によって全体的な特徴を一瞬でつかみ取る能力のある右脳と
右脳から得た情報を分析、認識する左脳の機能を活かし、
英語の文法や単語を暗記するのではなく、
子供が特に勉強しなくても無意識に言語を
習得していく方法にそった考え教材です。

 
   <英語の頭に変わる本>
        

 
日本語と英語の周波数は異なっており、
多くの日本人の脳は右脳で英語を聞くことができないため、

この教材では単語、フレーズ・文章単位で
日本人が右脳で聞くことのできる西洋楽器音のリズムと
そのリズムパターンに合った英語を左脳で聞くことにより、
英語の音のリズムを直観的にとらえられる訓練をします。

 
そのため、ヘッドホンを使って聞くことが推奨されており、
右脳に繋がっている左耳でリズム音を聞いて、
左脳に繋がっている右耳でそのリズムに合った英語を聞いて発することで、
右脳と左脳の連携によって聞き取った英語の音を
英語のままフレーズ単位や文章単位で理解する力を養えます。

 
ちなみにこの教材は、聞いた音を発するだけで
手を使うわけでもなく、テキストを目で見たり、
頭を使って内容を理解するわけもないので

これ単独で勉強のために時間を使うのはもったいない気がします。

例えば、パソコンで他の作業をしながらとか、
家事をしてるときなど、

 「他にやることがあるけど耳と口が空いてる」

というときに利用すると良いかと思います。

 
そう言う意味では、他の作業をしながら英語力を上げることができる
便利な教材であります。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

英会話力が進歩せずに悩んでいるのは、
「英会話の仕組み」を理解してないから

bluebtn

THE英語塾 - 中学英語をネイティブ視点で学ぶ





45日で日常英会話をマスター!スピーキングパワー

【スピーキングパワー ボーナス特典】
・東京オリンピック開催中に想定させる会話の動画
・ネイティブの話の聞き方、ジェスチャーの使い方動画
・会話がシーンとしてしまった時の対処法の動画
・外国人男性、女性の誘惑の仕方、ナンパ対処法 など


スポンサードリンク